【重要】 JCG CS:GO 国籍・居住地に関するルール改定について

2016.06.16

 

国籍・居住地に関する参加資格

JCG CS:GOでは近日中にも、大会共通ルール 1. 参加条件 に以下の項目を追加します。

「チーム参加制大会では日本在住であること(外国籍でも参加可能です)
または、日本国籍で海外在住であること。」

※「チーム参加制大会」とは、現在のJCG CS:GOにおける「JCG Master」「JCG Premier」が該当します。「JCG Open」でも、チーム参加制の大会として開催される場合はこれに該当します。

※大会共通ルール 1. 参加条件 「2. 日本語でのコミュニケーションに不自由がないこと」は、引き続き、全てのJCG CS:GO大会に適用されます。

 

参加資格変更の経緯

JCG CS:GOでは、これまで、他のゲームタイトルとは異なり、日本語でのコミュニケーションが満足に行えるという前提で、以下のような理由から、海外プレイヤーの参加を認めていました。

  1. JCG CS:GO 発足当初から、大会ルールに国籍・居住地に関する規定がない。
  2. 試合サーバーが全て日本国内に設置されており、少なくとも通信ラグ(Ping)の点では、日本国内のプレイヤーが有利である。
  3. 海外から参加しようとするプレイヤー/チームについては、日本と近隣国地域の間で極端な実力差がないことから、日本語でのコミュニケーションに不自由がないこと、大会ルールとレギュレーションを順守するといった条件が守られる限り、参加を歓迎したい。

 

2016 Summerシーズンからは、以下のような理由で、JCG CS:GO大会においても国籍・居住地要件を設けることとなりました。

  • 日本国内におけるeスポーツ推進というJCG本来の目的
  • JCGの他のゲームタイトルとの参加資格共通化(Battlefield 4、OverwatchなどのFPSゲームタイトル)
  • (賞金が支払われ、オフラインで試合が行われる場合もある)JCG Premier大会とその下位大会、(今後行われる可能性のある)海外大会出場チーム決定戦などにおいて、最初から参加者の国籍・居住地を明確にしておく必要性

 

これまでJCG CS:GO大会に参加するプレイヤーの皆様のほぼ全てが、日本国内に在住していると思われますが、上記変更とその理由について、ご理解・ご協力をお願いします。

 

タグ: OpenClass MasterClass PremierClass ルール


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

 ・Overwatch


© 2015 Valve Corporation, all rights reserved. Valve, the Valve logo, Source, the Source logo, Steam, the Steam logo, Counter-Strike, and the Counter-Strike logo
are trademarks and/or registered trademarks of the Valve Corporation.
© 2013 JCG All Rights Reserved.